神戸発祖母ログ


後期高齢者の日々・・・
by namisanID
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

民生委員来訪

7/24
友人と電話でしゃべっているとインターフォンが鳴った。
画面を覗くと玄関に胸に名札をぶら下げた老人が立っている。
わが住居区担当の民生委員だと名乗った。
開口一番彼は私に言った。「失礼ですがお二人とも75歳以上ですね」。
シツレイですが、と断らなくてもイイデスョ・・・。

帰り際に「ひとりぐらし高齢者台帳」と書かれた紙に名前住所を記入するように言われた。
いずれはひとりになるにちがいないが・・・。

歳を取るということは、周りの人たちに気を遣わせることを実感した一日でした・・・
[PR]
by namisanID | 2012-07-25 01:31

「福島は元に戻らない・・・」?

7/22
7/20に東日本大震災復興構想会議の委員であるA氏の講演を聞いた。

今頃、青が増しているはずの見渡す限り水田だった場所は、ツナミが引いた後のままという。
土を入れ替えて農作業の復旧を望む声もあるが、今農業に従事している人はほとんど高齢者。
土を入れ替える復旧作業が終えたころ彼らの大半は80歳以上だ。
農地が復旧しても耕す人がいないのでは・・・元に戻す意味がないと彼はいう。
[PR]
by namisanID | 2012-07-22 18:18

バラ積み運搬船進水式

d0075877_1312363.jpg

7/20
朝、大雨、雷も鳴る中、33,500トンの進水式を見に行く。
進水式がおこなわれるころ、雨はすっかり上がっていた。
吹奏楽の国歌演奏が終わると薬玉が割れて船は、静かに海へ滑り込んだ。
あっという間のできごとだった。
進水式のセレモニーの準備に作業員たちは寝る間も惜しんだという。

ゴクロウサマ、ゴクロウサマ・・・。
お船も元気で活躍あれ!
[PR]
by namisanID | 2012-07-20 13:20

いわさきちひろ

d0075877_11511594.jpg

7/18
海南友子監督ドキュメンタリー映画を観る。

麦わら帽子を被った女の子の絵を、長い間壁に貼って楽しんだ。
ふわりとした柔かい絵の描き手に魅せられて・・・。

ふわりとした絵の描き手が硬派と知ったのはいつだったろう。
夫君は共産党の「松本善明氏」だった。

8月26日サイトウキネンに行った(松本)翌日、安曇野へ足を延ばしちひろ記念館へ行く予定。
[PR]
by namisanID | 2012-07-19 23:48

梅雨が明ける

8/18 
聞くところによると、近畿地方は17日梅雨明けした・・・。
15日、日曜日の朝、蝉の声を初めて聴いた。
[PR]
by namisanID | 2012-07-18 22:35

「砂防法」って、ご存知?

7/13
博学のメル友から、大分熊本で起こった土砂災害を憂うメールが届く。

我が国には、明治30年に山崩れなどを防ぐために「砂防法」ができた。
山崩れは無くなってもよさそうなのに、どうなってるんだ!メールは怒っていた。
つまり、砂防法は現存しており、税金が投入されている。
そういえば、永田町に砂防会館ってあるよねぇ。
[PR]
by namisanID | 2012-07-13 11:50

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ (13万7千トン)

d0075877_11325030.jpg

7/9
神戸港入港
乗客定員 3840人・・・大半は中国人という。

神戸港過去最大の客船入港だった。
前港上海 明日長崎へ向かう。
[PR]
by namisanID | 2012-07-10 11:19

「神戸事件」

7/7
幕末期、神戸三宮(現大丸前)の路上で岡山藩士とフランスの兵士二人が殺傷事件を起こし、岡山藩の滝善三郎というお侍さんが切腹して、ことを納めた。・・・神戸事件。
殺傷事件というが日仏双方死者は出ていない。
滝善三郎氏のひ孫にあたる滝正敏氏から「神戸事件の真相」を聞いた。
切腹という残忍な行為は諸外国への見せしめだったのか?
切腹儀式、現場に、フランスの要人を立ち会わせている。
日本は恐ろしい国だ・・・。震え上がったにちがいない。

我々は、蚊を、ハエを、ゴキブリを平気で殺す。
「オオ、ケンノンケンノン・・・」
[PR]
by namisanID | 2012-07-08 13:07

「土曜会合唱団」

7/1
傘が手放せない一日だった。
友人に誘われて「土曜会合唱団」の演奏会へ行った。(神戸文化ホール)
ドヨーカイ、北村さん(指揮者)・・・神戸に住む我々にとってなじみ深い。
友人が誘ってくれたとき、数十年前に、演奏を聴いたきりだったことを想い出し、喜んで同行させていただいた。
私がママさんコーラスに夢中だったころ・・・。

指揮者は北村さんでなかったー。
そっと暗がりでプログラムをめくった。
北村さんは、2005年に亡くなられていた。
訃報を聞いていたことを、私はすっかり忘れていた。

会は終戦の翌年1946年に栄光教会で誕生、今日に至る。
現在の指揮者、松尾昌美さん。

バッハ  ハイドンのミサ曲。アンコールにモーツァルトの「アベベルムコルプス」
最後に彼ら(土曜会)が練習後必ず歌ってるという讃美歌「神ともにいまして」を会場の全員で合唱した。
[PR]
by namisanID | 2012-07-04 12:06

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

プリーバお申し込み
from プリーバお申し込み情報

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

シニアライフ

画像一覧