神戸発祖母ログ


後期高齢者の日々・・・
by namisanID
プロフィールを見る
画像一覧

8月24日(日)  27日(水)

SPレコード鑑賞会

両日、SPレコード鑑賞会へ行きました。
主宰は違います。偶然日にちが接近したのです。

どちらも歌曲でした。

両方でシューベルトの「冬のたび」から、おやすみ、菩提樹、を聴くことが出来ました。

歌はエレナ、ゲルハルト(1883-1961ソプラノ)です。
「冬のたび」を女性歌手で聴いたのは初めてではなかったでしょうか。

このたび「冬のたび」の歌詞をきちんと読んでみました。

勿論、邦訳の歌詞です。
作詞者は、ヴェルヘルム・ミュラー
歌詞の主人公はどうやら全部男性ですね。
それも、恋を失った・・・行き場を失った哀れな男の・・。

私は、これまで「冬のたび」は、男性が歌うものと決めていた・・・。
男性が主人公の歌詞は男性が歌うという決まりはないのです・・が
「冬のたび」は男性の声の方が合うような気がします。
[PR]
by namisanid | 2008-08-28 23:24

8月22日(金)

二本立ての映画を観る

風邪を引いて声がでなくなっていた。声が出だすと、今度は頭が痛い。熱っぽくて体がだるいけど、熱はない。寝るほどのことはない。読みかけの雑誌をめくると、途端に眠たくなる。ソファに横になるが眠れない。
そうだ!こんなときは、映画に行こう!

「大いなる陰謀」「ハンティング・パーティ」2本立てでシニア価格1000円に行きました。
報道の自由?がテーマで、どちらもアメリカが手を出した戦争の真実を国内に正しく伝えていないという映画でした。

どちらかの映画で、アーリントン墓地が1シーンに使われてました。
無数の墓標が整然と並んでいました。
[PR]
by namisanid | 2008-08-23 22:21

8月18日(月)

d0075877_12414191.jpg

松ぼっくり

2日から、遊びに来ていた孫たちが18日帰りました。
上の孫(男の子)が6年生、下が1年生(女の子)二人とも、全く手がかからなくなったにも関らず私は大変疲れました。食事作りや洗濯がどうしょうもなく負担になってきたのです。私の老いが進んだ証でしょうね。
暑さのせいもあります
孫たちが帰ったあくる日から急に涼しくなりました。単なる気象変化です。
蝉の声も静まりました。
1年生の孫が家の近くで拾った松ぼっくりです。
[PR]
by namisanid | 2008-08-21 13:27

8月17日(日) 2

d0075877_12325829.jpg

「くいだおれ」その後

難波へ行ったついでに、その後どうなっているのだろうと行ってみました。
例の彼は、旅行中でした。
[PR]
by namisanid | 2008-08-21 12:39

8月17日(日)

d0075877_1233022.jpg
「ブタコレラ」カルテット
結成50周年記念コンサート
(後にも先にもこれっきり)だそうです。

先ず、ブタコレラって?
カルテットを楽しみ始めた彼らが大学生のころ、世界に冠たるカルテットは、ブタペスト・カルテットだったそうです。その向こうを張って「ブタコレラ」と命名?
それから、50年。彼らと合奏を楽しむ楽しむ仲間が増えてきました。
仲間達は、殆どプロだそうです。
ブタコレラにも、ひりだけプロの道に進んだ人がおります。(チェロ)

楽しみつつ、一生懸命演奏するカルテット、彼らの姿に聴衆は打たれました。
もちろん、できばえは上々。素敵な演奏会でした。

<プログラム>ディヴェルティメント ニ長調・ピアノ協奏曲「戴冠式」・交響曲「ジュピター」
www.butacholera50.com
[PR]
by namisanid | 2008-08-21 12:33

8月3日


d0075877_123348.jpg無言館  *2日神戸で講演中の窪島氏

戦没画学生・つまり画家を夢見ていた人々が召集され還らぬ人となった人々の絵を収集して作られた美術館が、長野県の上田にあります。「無言館」といいます。館長は窪島誠一郎さんです。
10数年前、行ってきました。震災直後、神戸で、それらの絵の展示会が開かれそのとき、私も少しお手伝いをさせていただきました。「無言館」が建設されたのはその後のことです。絵(遺作)の収集はいまも続けられ、「無言館」の拡張工事が行われています。

今年、上田市の成人式は「無言館」で行われたそうです。
[PR]
by namisanid | 2008-08-04 23:55

8月2日

d0075877_22245389.jpg
大阪空港(伊丹空港)

午後5時ごろの光景です。
橋下大阪府知事が大阪空港廃止を匂わす発言をしています。
私は、大阪空港って、やがて無くなるものとばかり思っていました。
周辺住民から、騒音の苦情が絶えませんでしたし・・・。
そのために、関空ができたのではなかったかしら?
ところが、大阪空港の存続の意思は固く、国土交通省なんか、府知事の発言に真っ向から反対しているというではありませんか。
神戸空港なんて、中途半端な空港もすぐそばにあるんですよねぇ・・。
[PR]
by namisanid | 2008-08-02 22:25

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

プリーバお申し込み
from プリーバお申し込み情報

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

シニアライフ

画像一覧