神戸発祖母ログ


後期高齢者の日々・・・
by namisanID
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

赤い鞄

d0075877_22401618.jpg


元町を急いで通り過ぎようとしたとき、袋物専門店の老舗のウインドウに飾ってあつた「赤い皮のバッグ」に目がとまりました。

A3の紙だって折らずに入れそうな大きなバッグ、というより鞄です。

紅葉した葉っぱのような色に魅せられて買ってしまいました。

いい気になってたくさん物を詰め込まないことを、私に約束させて・・・。
[PR]
by namisanid | 2007-11-30 10:13 | 買う

フルート チェンバロ リュートで奏でるバロック室内楽

ハンター坂にあるギャラリー島田で開かれました。
d0075877_15433274.jpg
平山照秋さんが奏でるリュートについて、フルート奏者の竹佐恵悟さんが説明しているところ
後ろの女性は、チェンバロ奏者の澤 朱里さん









d0075877_1550286.jpg
小型でシンプルなチェンバロ
後方に見えるのが普通サイズのチェンバロ
(平山氏調律)
[PR]
by namisanid | 2007-11-28 15:56 | 聴く

一度行ってみたかった平戸へ!

24日キリシタン殉教の地平戸へ行ってきました。

d0075877_14323183.jpg
宝亀教会(1898) 平戸市内で一番古い教会



                紐差教会                                     
d0075877_1434894.jpg





ザビエル記念聖堂(平戸教会)
d0075877_14374251.jpg









        田平教会
d0075877_14411131.jpg

[PR]
by namisanid | 2007-11-25 23:39

さんりんぼう

朝、気がつくとガステーブルに、電池が切れたサインが出ていました。
電池を換えて数分も経たぬ内、玄関の壁にかけてある時計が動いていないことに気づき、電池を換えました。

長年使っているマグカップの柄が、何かに当たったわけもないのにぽろりと取れました。

ハンガーの柄が折れました。(洗濯屋さんでもらったものでしたけど)

「ああ今日はついていない! さんりんぼう(三隣亡)だ」と心の中で叫びました。

昨年も、このブログに似たようなことを書いた記憶があります。

給湯器が使えなくなり、電気に関係あるものが立て続けに故障したことがありました。

でも、今日の夕方ご近所の若い方から「実家から送ってきました」と柿をいただきました。

終わりよければすべてよし・・。

d0075877_1612262.jpg


[PR]
by namisanid | 2007-11-19 13:59

年々歳々花同じからず

私のブログにたびたび登場していた喫茶「アマデウス」の店主が変わり、店名は変わらないけど、これまでと違った喫茶店にリニューアルオープンしました。

旧「アマデウス」は、純クラシック喫茶店でした。
クラシック音楽に造詣が深いS さんが、赤字覚悟で20年経営してきましたが、このほど店の権利を譲渡して撤退することになったのです。

「アマデウス」は、幸いなことに地震の被害をほとんど被っていません。棚に並べていたコーヒーカップも無事でした。
震災直後、店内は賑わっていました。埃をかぶり歩き続けた人々が割れていないきれいなカップでモーツァルトを聴きながらお茶が飲める幸せを味わっていたのです。

そういえば、ここ30年ほどの間にクラシック専門の喫茶店が次々と姿を消していきました。

元町の5丁目あたりに「AZUMA」という喫茶店があります。店の経営者がLP SP盤を数万枚集めていていい音を聴かせてくれます。ジャズ、映画音楽、クラシックそれぞれのファンを楽しませてくれてますが、店の経営は決して楽ではなさそうです。

今では懐かしの風景(旧アマデウスにて)
d0075877_15543612.jpg

[PR]
by namisanid | 2007-11-18 15:14

旧グッゲンハイム邸コンサート

先に、ジェームス山を歩く会に参加して、古い洋館を見学して参りましたが、11月12日の夜、その洋館のひとつである旧グッゲンハイム邸で行われたチャリティーコンサートへ行きました。

出演者
クリスチャン・ブルヴィエのフルートと岡田敦子さんのピアノで
プログラム
ガボット/ゴセック
ハンブルグソナタ/バッハほか10曲でした。素晴らしい演奏でした。

入場者数50人ほどでしたでしょうか。
収益金の一部は、グッゲンハイム邸の維持管理費に寄付されると言うことです。
そのためにコンサート、また催し物などに旧邸を解放しているわけです。

グッゲンハイム邸は、明治大正期に神戸に滞在したドイツ系の貿易商が大正4年まで住んでいた館です。
その後、複数の所有者を変遷ししました。

幸いにも空襲、地震に免れ取り壊しの危機も逃れ、現在は、もりもとみちよさん(ステンドグラス作家)が持ち主となり管理維持されております。

木彫りのカーテン取り付け口が素敵でしょ?(見事な和洋折衷のデザインです)

d0075877_22555874.jpg

[PR]
by namisanid | 2007-11-13 16:57

立冬

今日は、爽やかで明るい一日、秋日和でした。

懸案事項(時効)になっていた扇風機をやっと片付けました。

オーブントースターを新調しました。
接触が悪く使いにくくなっていたので、買い換えました。
まだまだ、使えないことはなかったのですが・・。
人間は新しくなりようがないので、道具に頑張って貰わなければとの思いからです。ナンテ言い訳になりますかねぇ。

片付けねばならないものがまだ残っています。例の24時間風呂の装置です。
もう、使わないことにしたのです。
炭素の粒を洗うなどの、メンテナンスの作業が、おっくうになってきたのです。
一日中、沸いてるっていうのも、有難いと思わなくなりました。
ひねれば、いつでも熱いお湯がでる時代ですからね。
震災直後、ガスも水道も使えないとき、飛びついたお風呂でした。
14日の木曜日に業者さんに取り外しに来て貰うよう頼みました。
撤去費用は1万円とのこと。
ま、しかたありません。

               10/23 「応挙の幽霊」 
d0075877_957436.jpg

[PR]
by namisanid | 2007-11-08 22:35

初物のマロングラッセ

d0075877_1520571.jpgできたての「マロングラッセ」をいただきました。

今年は、栗のできがよかったとか。

9個で5000円ですって。

熱いコーヒーで、秋の味を楽しみました。
[PR]
by namisanid | 2007-11-01 12:03

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

プリーバお申し込み
from プリーバお申し込み情報

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

シニアライフ

画像一覧