神戸発祖母ログ


後期高齢者の日々・・・
by namisanID
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

たそがれテニス

週一回、老骨に鞭打ってテニスを続けています。

しみが増えないように、たそがれ時を選んで・・・。

厳寒の時節は、さすがコートも空いています。

人工芝(オムニ)コートに夕陽が射してます。つるべ落としに日暮れます。
 
d0075877_23122773.jpg

[PR]
by namisanID | 2007-01-31 23:15

春の山菜

灘生協の野菜売り場に、春の山菜が出ていました。

今日は3種類だけ買って、ふきのとう、たらの芽をてんぷらに、こごみは塩ゆでにして今夜のおかずにしました。

d0075877_2233927.jpg

[PR]
by namisanID | 2007-01-30 22:44

不老の紅梅

滋賀県の長浜で開かれている盆梅展で樹齢400年の紅梅を見ました。

その名も「不老」。

無理して咲くことはないんだよ。

人間になぞらえ、痛々しく感じました。

d0075877_2356997.jpg

[PR]
by namisanID | 2007-01-29 00:05

春間近

新年会だ、女正月だ、とわいわいやっているうちに、睦月も後わずかとなりました。

近くの池の鴨の数が減っています。飛び立つ準備のためどこかへ移動したのでしょうか。

梅便りも聴くようになりました。私の周辺では、まだ花をみませんが。

今日、老人ホームのHさんとの散歩の途中、神社の、枝垂桜のつぼみが一つ二つ、綻びかけているのを発見しました。

道端には、こんな花が・・・・

d0075877_17304566.jpg

[PR]
by namisanID | 2007-01-25 17:31

12年前の1月17日

夜が明けて、灯りがなくても物が見えるようになったとき「酷いとが起こった」ことを改めて実感しました。

しかし、情報はどこからも入手できません。トランジスターラジオは置き場所が押しつぶされてとりだすことができません。もちろん、電話は通じません。あのころ、携帯電話がそれほど普及していなかったので、私も持っていませんでした。

怖ず怖ずと外へ出てあたりを歩いてみました。

見慣れた景色が僅かに残っているだけでした。

「阪神・淡路大震災」から、もう12年も経ったのです。

d0075877_15281025.jpg

[PR]
by namisanID | 2007-01-18 15:12

老いの行方  Ⅲ

昨年11月に95歳だったご主人を亡くされた近所のTさん(94歳)が、一人になられて初めてのお正月を迎えました。

昨年末、お正月は、遠くに住む息子さんも見えず、お一人で過ごすことになると伺っていたので、お正月の準備などどうなさるのか、ようすを伺いに行って見ました。

ちょうど顔見知りのヘルパーさんが見えてました。
「お正月には、お孫さんがおみえになるそうです」と、ヘルパーさんが言われました。
「?」と思ったけど、「それはよかったですね」といってTさんを見るとヘルパーさんの横で、照れくさそうに笑っています。
「3日には、私も来ますので、大丈夫です」との、ヘルパーさんの気強い声に圧されて
「じゃ、なにかあったらいつでも声かけてくださいね」と、だけ言い残して帰ってきました。

どうも、お孫さんが見えた気配はありません。

お孫さんが見えたか、どうか、伺いそびれたままです。


d0075877_1365612.jpg

[PR]
by namisanID | 2007-01-13 13:08

聴き初め

6日、県立芸術文化ホール、小ホールで開かれた風呂本佳苗さんのピアノリサイタルに。
今回は、「Bの饗宴」と題して、Bで始まる5人の作曲家、バッハ、ブラームス、バーバー、バークリー、バラキレフの5人でしたが、バッハ以外は聴いいたことがない難しい曲でした。
アンコールの「エリーゼのために」で気分がふぐれました。

この夜、ヴァイオリンリサイタルへ(金関 環)。こちらは、聴きなれている曲ばかりでした。バッハの無伴奏パルティータニ短調。、一昨年からなんども聴いているモーツアルトのK.304。サラサーテのカルメン幻想曲ほか、ピアソラ・・・。金関さんは、長い間長い髪を後ろで束ねていましたが、ぷっつりカットしてました。「失恋したわけではありません」とのこと。

明日は、ベルフィル八重奏団(ピアノ 上原彩子)へ・・・。

今朝、神戸は春嵐?強風が吹き雪が舞いました。午後には、嘘のように晴れましたが六甲山頂は積もったようです。
d0075877_23105216.jpg

[PR]
by namisanID | 2007-01-07 22:59

読み初め・・・

「今年は本を読むぞ!」と決意新たに我が家の書棚(本棚)に向かい、拾い読みをして戻すを繰り返して半日過ごしました。

戻せなかった本があります。
それは須賀敦子さんのエッセイ「霧のむこうに住みたい」でした。

これまで、なんど繰り返し読んだことでしょう。

今年の読み初めにします。

d0075877_22195538.jpg

[PR]
by namisanID | 2007-01-04 22:20

謹賀新年

あれよ、あれよと言う間に、新しい年を迎えることになってしまいました。
めでたくもあり、めでたくもなしの境地です。

今朝の新聞に、田辺聖子さんと綿矢りささん(どちらも芥川賞作家)の対談が載ってました。
田辺さんが綿矢さんとの会話の中で、片言隻語(へんげんせきご)、敷衍(ふえん)と言う耳慣れない言葉を使っておられました。

片言表現を聞くも語るも馴れてしまっている私。

今年は、たとえ1行でも、本(文学作品)を毎日読むぞ!と心に決めました。
d0075877_0495710.jpg

[PR]
by namisanID | 2007-01-04 00:51

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

プリーバお申し込み
from プリーバお申し込み情報

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

シニアライフ

画像一覧