神戸発祖母ログ


後期高齢者の日々・・・
by namisanID
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

歯の治療

今年のお正月、右上の奥3本のどれかが、いえ全部かも知れない、浮いた感じになって固いものが噛めなくなりました。歯科医院は休診中。我慢している内に、歯のことを忘れて暮らすことができるようになってしまいました。
このほど、思い切って行きつけの歯科医院へ行ってきました。昔被せていた歯の中の虫歯が進行しているということで一本の歯を治療して貰いました。けど、すっきりしません。
いま、肩、特に右肩が凝っています。
このところ、でかけることが多くて、ついつい大きな荷物を抱えて歩いております。
そのせいかなあ。
[PR]
by namisanid | 2008-03-08 22:04 | ぼやく

足の親指手術

この夏、左足の親指を幼児用の椅子の足にぶっつけて、腫れたところをまたぶっつけて、痛い痛いと思いながらそのうち治るだろうと薬箱の軟膏をぬって放ってました。

涼しくなり、お気に入りの編み上げの靴を穿くようになると親指が圧迫されて痛みをひどく感じるようになりました。

膝にヒアルロンサンの注射をしてもらうとき、ついでに診て貰ったところ、爪を剥がすしかないとお医者さんにいわれました。
つまり、腫れたところに、爪が食い込んでおり、爪を剥がさない限り痛みはとれないといわれたのです。

「爪を剥がすなんて・・・痛いですか」「麻酔をしますけどね。麻酔の注射が痛いかもせれません」

爪を剥がす決断は私に任せるといわれましたが、今日10日思い切って爪を剥がす手術をしてもらいました。

麻酔の注射がちょっと痛かっただけで、思ったほどのことはありませんでした。

急に涼しく(寒く?)なったせいか、朝から鼻水がとまりません。目も痒い。気候の変わり目には、いつもこのような症状がでます。
[PR]
by namisanID | 2006-10-10 23:34 | ぼやく

膝にヒアルロン酸

膝痛は、ヒアルロンサンの注射で治るいう耳寄りな情報を得たのでさっそく実行いたしました。
ヒアルロンサン・・美肌になるといわれているあれです。

膝が痛みテニスはもちろんのこと、正座ができなくなった人が、この注射のお陰で
すっかりよくなったと私に教えてくれたのです。

私もテニス暦に準じて長年膝痛に悩まされてます。
どれほど整形外科や鍼灸院に通ったことでしょう。

今では、膝の機嫌を伺いながらテニスができる状態にはなっておりますが、いつなんどき、膝が痛みだすか不安感を持ち続けておりました。

ところが、2・3週間ごとに、両膝に3回注射をしてもらった時点で、効果が表れました。
膝を意識することなく動くことができるようになったのです。

注射は5回でしばらく休みましょうといわれてます。
健康保険制度でそのようになっているようです。

膝のヒアルロンサン、ついでに顔に、昇ってくれるとさらにいいのですが。
[PR]
by namisanID | 2006-09-30 21:30 | ぼやく

台風13号

17日の夕方、北九州に接近しているというので、長崎に住む娘に携帯電話のメールで様子を聞いてみました。「大丈夫よ。今からお鍋です」と孫たちが食卓を囲んでいる楽しげな映像つきメールが返ってきました。しばらく経って「停電でこわいよ~。寝るしかない」とメールが入りました。
お鍋(電気鍋)の途中で停電になり、ガスに切り替えて何とか食事は終えたようです。
長時間の停電になれば、冷蔵庫の中など心配しましたが、彼女が住んでいるところは市の中心地なので復旧が早かったようです。その日の夜11時には点灯したそうです。
しかし、県全域に電気が復旧したのは翌日の午後遅くとのことでした。

長崎で住むようになって12年になる娘ですが、台風で停電は、はじめての経験だったようです。

宮崎県の延岡、この地は私の本籍地で、祖父母両親のお墓があります。
駅の近くで、風に煽られて転倒した電車の映像をテレビでみたときはびっくりしました。風は竜巻だったようです。竜巻なんて、アメリカのような広いところでしか起こらないものだと思い込んでました。延岡の狭い町が襲われるとは・・・・。

両親のお墓がある場所は、お陰で何事もなかったそうです。

昔から、宮崎県は台風銀座と呼ばれ、台風が発生するたびに必ずなんらかの影響を受け被害もでていますが、今回ほどの大きな被害は初めてだと思います。

阪神大震災もそうでしたが、こんなこと初めてという自然災害がこのところ増えています。

気象学者たちは、その原因を懸命に探っているようですが。
[PR]
by namisanID | 2006-09-20 00:35 | ぼやく

駅で転ぶ

昨夜 JR住吉駅で、目の不自由な女の人の杖につまずいて転びました。

私の右側に、その女の人の顔が見えた次の瞬間の出来事でした。

かれらは、私たちが思っている以上に、杖を長く前に突き出し弧を描きながら歩いているようです。

突然、両足を、竿のようなものに遮られた感じで、足を前に踏み出すことができなかったのです。

転んだとき、左足と左手をかなり強く打ちましたが、骨折は免れたようでホッとしてます。

最近、ほぼ同年齢の友人知人がふとした弾みに、骨折したという話をよく聞きます。

動作はとろくなるし、骨は弱くなるし・・・。

少々、気が滅入ってます。
[PR]
by namisanID | 2006-08-27 14:14 | ぼやく

敬老優待乗車証

神戸市在住の70歳以上の老人は、辞退しない限り「敬老優待乗車証」が交付され、市バス、市営地下鉄、市内を運行する民営バスなど無料で利用することができます。

私もこのほど70歳になったので「敬老優待乗車証」を持つことができるようになりました。

市の交通局は慢性の赤字。誰がこの赤字を負担するのでしょう。

それを思うと、闇雲に70歳以上を無料にすべきではないと思うのです。

せめて半額でも負担するようにしたらどうでしょう。

疑問を抱いたまま、70歳になってしまいました。

私は、週に一度は六甲ライナーに乗ります。往復480円です。

ときどき、新鮮な食材が手に入る市場へ、往復400円使って買い物にいきます。

これらの交通費が、ただになったら、私の財布は潤います。

それを喜びとして(不本意ながら)「敬老優待乗車証」を使わせていただくことにします。
[PR]
by namisanID | 2006-08-18 00:22 | ぼやく

夏風邪

7月の終わりからずっと風邪を引いています。咳がなかなかとれません。声も掠れてます。それでも出歩いております。

先日、九州に住む娘とその子ども二人がやってきました。大阪空港まで3人を迎えに行きました。いつも愛想のよいもうすぐ5歳になる孫娘が青い顔をして母親のそばでぼんやりつったってるではありませんか。飛行機の中で降りがけに吐いたそうです。待合室でしばらく休んだ後、とぼとぼと我が家へ。
その夜、娘(孫娘の親)の咳で何度も目が覚めました。熱があるといいます。翌日私のかかりつけの病院へ連れて行き薬を貰いました。

なんでも、神戸に来る前に、孫たちの父親が細菌性の風邪にかかり肺炎症状になっていたとか。どうやら一家全員風邪症状だったようです。
こちらへ来る前に、老人のいるところへ行くので、かれらに移したらいけないと3人は病院で検査して貰ってきたと言いますが。

あれから約一週間経ちますが、娘の風邪症状は治まりません。私の声は掠れたまま。孫二人はときおり、風邪?を思わせるような状態になりますが、まずまず元気にしてます。

それにしてもこの暑さ。ぴんぴんしてろって言うほうが無理です。
[PR]
by namisanID | 2006-08-12 15:28 | ぼやく

8月9日

61年前、私は現北朝鮮の北の果て阿吾地というところに両親と住んでいました。
9日の夜、ソ連軍が攻め入ってきたことを知らされ、大人たちは、正確な情報収集に右往左往していました。
私たちは、2・3日分の食料を持って今夜遅く(10日未明)近くの山へ一時避難いたしました。その間に日本軍がソ連軍を追い払うといわれて。
しかし、二度とうちへ帰ることはできませんでした。2.3日分の食料と着替えを持ってうちをでたままの状態で翌年の一月、日本へ帰ってまいりました。
[PR]
by namisanID | 2006-08-10 00:07 | ぼやく

続々無線ラン 混ラン

作業中にアダプタのランプが消える原因、やはり私の機械音痴、無知に加えておっちょこちょいでした。

カメラからデータをとりこみ終えたとき、フラッシュメモリをはずすとき、安全なハードウエアの取り外しをパソコンに問うと、安全に取り外すことができるハードウエアの名前が表示されます。
外したいードウエアだけをクリックすればよいのに、外す必要のない無線ランのアダプタもクリックしていたことに気づきました。

従って、無線ランは、取り外された状態になり、未接続になっていたのでした。

1件落着。

その後ずっと途切れることなく接続されております。

給湯器と、ドアフォンは、どちらも保障期間内の商品だったため、新品と交換しててもらえました。

しかし、一挙に故障が起こったのはショックでした。

娘に話したら、霊の仕業じゃないのと言われました。

そんな馬鹿なことあるわけない、と笑い飛ばしたかったけど、そのような気もして、日ごろの無信心を反省しました。
[PR]
by namisanID | 2006-08-04 23:43 | ぼやく

続無線ラン 混ラン

 パソコンに接続しているアダプタのランプがふっと消えてプロバイダーと繋がらなくなることが今日も2度、起こりました。頼りたい電気屋さんは今日定休日です。電気屋さんから、昨日与えられた宿題でもあったどのような場合、ランプが消えたか、そのとき行っていた作業を思い起こしました。
大量の画像といっても20数枚をカメラからパソコンに取り込んだとき、マイドキュメントから画像も含めて少し大目のデーターをフラッシュメモリに移したとき、ということを思い出しました。

この作業と繋がらなくなることが関連あるのかなと、頭が混乱しているときにです。
カメラ付きドアフォンの映像が写らなくなったのです。設置した業者に電話。

重たい気持ちで夕方夫とテニスにでかけました。帰って私が先にシャワーを浴びました。そのときはちゃんとお湯がでました。ところが夫の番になってお湯がでないのです。給湯器にエラーマークがでていました。取り付けてくれた業者にさっそく電話。しかし、ずっと話中で電話がなかなか通じません。いらいらしながらやっと明日調べてくれる約束をとりつけました。
そのうち、冷蔵庫がパタッととまるんじゃない?と夫と話したことです。いったい我が家はどうなっているの?

ともあれ、明日を待つしかありません。
[PR]
by namisanID | 2006-08-02 23:26 | ぼやく

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

プリーバお申し込み
from プリーバお申し込み情報

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

シニアライフ

画像一覧